ごあいさつ

ホーム  >  ごあいさつ

とらや勝月から皆様へ

とらや勝月
とらや勝月のホームページへようこそ。
鈴鹿市にお店を構えて50余年。老舗が多い和菓子の世界ではまだまだですが、
地元の皆様と末永いお付き合いをさせていただける和菓子屋でありたいと願っております。

とらや勝月のお菓子は、地元産の旬の素材をでき得る限り使用しています。
心を籠めて作り上げたお菓子を揃えて
皆様のお越しを心からお待ちしております。

右の『水引に橘』の紋。
嘗て、垂仁帝の命を受けて田道間守が常世の国から持ち帰った非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)
これは古より橘の実とされております。
お客様が結ばれる数々のご縁、その傍らにいつもとらや勝月の菓子があって欲しい、
その思いを込めて創出致しました紋でございます。

妻にはめ込まれた陶板は、陶芸家・内田鋼一氏の作です。
とらや勝月

先代からの味のこだわり。そしてこれからも…

昭和37年、初代勝美が興したとらや勝月は創業早50年余り。
初代からの味は、現在、二代目に引き継がれております。

さらに、時勢を読みつつ新しい旨さへの探求も続けております。
進化を遂げたお菓子たちが今日も店頭を彩っております。

とらや勝月は、お客様と歩んで参りました歴史の重みを大切にしつつ、
今後も立ち止まることなく進化し続けていきます。

とらや勝月定番のお菓子

鈴鹿の駿風ライダーもなか

モータースポーツ都市を標榜する「鈴鹿」は今や世界に知れ渡る存在です。
その中心鈴鹿サーキットは、元はオートバイレースから始まります。

とらや勝月のオートバイもなかは、創業50年の節目に墨のF-1で知られる垂井ひろし氏書き下ろしの新パッケージで、その名も『鈴鹿の駿風ライダーもなか』として新たな息吹が吹き込まれました。

鈴鹿にお越しの節にはぜひお土産にいかがですか?

和菓子と人のかかわり

和菓子は、人生の節目に出会うもの。
喜びのときも悲しみのときも心を伝える大切な役割を担っています。
この世に生を受けてから生涯の幕を閉じるまで、一生お付き合いさせていただくものなのです。

お菓子の持つ意味を知り、大切な人の人生の節目に贈り物をしてみてはいかがでしょうか。
三重県鈴鹿市三日市町1871-15
営業時間:08:00~19:00(月~土) / 08:00~18:00(日)
定休日:毎週火曜日
電話番号は059-382-1916です
お問い合わせはお電話にてお気軽にどうぞ。
電話番号は059-382-1916です
通販サイトはコチラ
木

ページ先頭へ▲ページの
先頭へ戻る